×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

銃を構えるローグさん

ローグアサシンの、ローグさんです。

 

ジェットが演じたキャラクターの中には、人を殺すのにためらいの無い悪人は何人かいますが、

ローグさんの場合は、冷徹に、とか楽しんで…とかじゃなく

そういう感情の動きさえ必要としない、

淡々と『処理する』といった感じなのがゾクゾクします。

 

というわけでローグさんは、淡々と、という雰囲気で、

感情を排した表情を目指して描きました。

でもその裏に、様々な感情が隠れているのも魅力なんですよねー♪

 

アップも載せます。

ローグさんアップ。

実はローグさんて、初めて見たときは

「へー、こんな役もやるんだ〜」程度の認識でした。

なにしろ「復讐はいけない」の黙僧様の後に見たのが

復讐のために生きてるローグさんですから、びっくりですよ(笑)

 

でもこの人は、見るごとにどんどん好きになるキャラクターですね☆

初見ではクロフォード目線なので、「ローグって何が目的なんだろう?」

と思って見てる訳ですが、

二度目からはローグの正体も目的も分かってるので、ローグ目線で見るわけです。

 

そうすると…

倉庫でクロフォードに問い詰められてる時の、微妙な表情の動きとか

チャンさん家族を窓の外から見てる時のまなざしとか…

こんなに深い演技をしてたのか!と思うと同時に、ローグさんに

感情移入しまくりで、たまらなくせつなくなっちゃいまして。

 

あ、文が長くなっちゃいました…いいや、ついでにもうちょっと(笑)

 

ローグさんの殺しのシーンで一番ゾクゾクするのが、ウー兄とチャンさんを撃つ場面です。

 

ウー兄を後ろから殴る蹴るで攻撃するけど生かしておいて、

チャンさんがウー兄を撃ちまくって弾切れになった後、

はい、役目終わり、みたいにパスっと軽い感じでとどめをさす所。

 

あれだけ信用されてるんだから、チャンさんのピストルが弾切れになるのを待たなくても、

チャンさんに「大丈夫ですか」って近寄って抱き起こすふりして横から撃つ…

ような方法でも危険はなさそうだと思うんだけど

あくまでも自分は安全圏にいて、相手は確実に殺す、って方法を選択するってのが

プロの暗殺者っぽい感じがして、良いんですよね〜。

 

ローグさんも攻略本風にしてみました→次頁